【初心者】ふるさと納税は節税対策になるの?【おさらい】

attention
このブログはスマホのみの編集となっております。PCからは見づらい箇所があると思いますがご承知おきください💦

 

みなさまこんにちは🎀ゆぅでございます🤗

 

 

今回は「ふるさと納税」について記事にしたいと思います😉✨

 

先日Twitterで、

 

「ふるさと納税って節税ではないですよね?」

 

という呟きを見て👀

 

なに言ってるの‼️払えば返礼品貰って控除されてまさしく節ぜっ…

 

 

…🤔❓❓

 

とまぁ、ちょっと思いとどまったところがありましてね🤣

 

たしかにTwitterを見ていると「節税対策にふるさと納税やってます‼️」ってツイート多く見かけます😳

 

わたしも実はそう言ってました🤣笑

 

果たしてふるさと納税は節税対策になるのか❓みなさまはすでにご存知だと思いますが、わたし自身のおさらいとしてまとめてみました🤗

 

結論から言いますと、

 

ぱっと見ふるさと納税は節税にはならない!だけど…

 

です😳

 

どういうことなんでしょうか❓

 

基本的なことですが、1つ1つおさらいしてみましょう🤗💕

 

ふるさと納税とは

総務省によりますと

 

都道府県・市町村に対してふるさと納税(寄附)すると、ふるさと納税(寄附)額のうち2000円を超える部分について、一定の上限まで、原則として所得税・個人住民税から全額が控除される。

控除を受けるためには、ふるさと納税をした翌年に、確定申告を行うことが必要(原則)。確定申告が不要な給与所得者等について、ふるさと納税が5団体以内の場合に限り、ふるさと納税先団体に申請することにより確定申告不要で控除が受けられる手続の特例(ふるさと納税ワンストップ特例制度)を創設。

 

ふむふむ👀

 

へー‼️そうなんだ‼️わかったよ〜😆✨

 

ってなりません😡(わたしは笑)

 

では、ふるさと納税の仕組みについて、わたしを例に説明していきます🤗✨

 

年収500万独身女がふるさと納税したら

 

ゆぅ
今年のふるさと納税は年下君が住んでるK崎市に寄附しよ〜💕()62000円あげる〜😘
K崎市
ゆぅさんありがとう❤️お礼にK崎牛の詰め合わせあげるね🐂❗️()
ゆぅ
やったー😋❣️あ、寄附したこと代わりに申請しといてね👋🏻()
K崎市
了解です👍🏻

 

—その翌年—

 

S岡市
こんにちはゆぅさん。今年も所得税と住民税を徴収しにきましたよ😏()
ゆぅ
ふぇぇ😵
S岡市
おや❓ゆぅさん昨年度、K崎市に寄附されてるんですね。寄附分のうち60000円分の住民税・所得税の納付は免除してあげましょう…()

ゆぅ
やったー🤗💕

 

❶ふるさと納税先はどこでも良い

勘違いしやすいのですが、自分の住んでいる自治体に寄附しても構いません🤗

 

❷寄附すると返礼品がもらえる

寄附したお礼として特産物等がもらえます🐂💕

 

❸ワンストップ特例制度で確定申告手間要らず

会話例だとK崎市1カ所のみですが、5カ所以内であればワンストップ特例制度を使って寄附先の自治体に寄附申請をお願いできます😊

 

6カ所以上になる場合や、医療費控除等ほかの申請をする場合、自営業者等の場合は確定申告をしなくてはいけません😨

 

❹控除されるのは来年

たとえば今年の1月にふるさと納税したとしても、その5,6月に控除されるわけではないんですね😳来年になってしまいます😩

 

❺【重要】控除はされるんだけど…

ほらやっぱ控除されるじゃん‼️節税じゃん‼️

 

控除はされますが、会話例のS岡市が言っていたように「K崎市に寄附したから免除する」です🤔

 

つまり、寄附という形ではありますが、一度自治体に税金を納めているのだから、さらに自分が住んでいる自治体に税金を納める必要はない。ということです😳

 

節税・免税ではありませんよね😨

 

また、会話例ではわたしが62000円寄附したのに対して、控除額は60000円。自己負担額は2000円です😱自己負担額は最低でも2000円はかかります😢

 

わたしのように年収500万独身だと、自己負担額2000円に収めつつ最大の控除を受けるためのふるさと納税の寄付金は62000円が限度となります💰

 

たとえば72000円寄附したら自己負担額は12000円です💸(単純計算)

 

たとえば52000円寄附したら自己負担額は2000円ですが、控除額は50000円しかないので、残りの10000円はおとなしく静岡市に徴収されます💸(単純計算)

 

最大の控除を受けるための寄附金の限度額は年収や子供の有無などで変わるので、各自ご確認をお願いします…🥺(さとふるなどで)

 

会話例ではわかりやすく年収500万独身・控除額60000円・寄附金62000円としましたが、実際の金額は若干異なりますのでご了承下さい💦

 

point
ふるさと納税は2000円払えば税金を2度も払わなくてすむ制度

 

お得な返礼品2000円を上手な買い方で間接的に節税を!

返礼品の還元率は3割程度

ふるさと納税で寄附すると返礼品がもらえるのですが、寄附に対する返礼割合が3割以下の地場産品を返礼品とすると法律で定められています😳

 

たとえば10000円寄附したら3000円以下相当の返礼品🎁

 

会話例だと62000円寄附したら18600円以下相当の返礼品🐂(K崎牛は実在しません笑)

 

あれ❓もしかして2000円でそれ以上のものが手に入るの⁉️

 

そうなんです🤩🤩🤩

 

さっきまでは税金2度は払わんけど2000円はかかるから無駄じゃねえか😡ってなりましたが🙄

 

返礼品がたったの2000円でたくさん買えるなんてすごいわ😳‼️

 

なんという手のひらクルクル…🌀

 

これはお得ですよね😊✨

 

2000円で美味しいお肉やお魚を買っても良し👌🏻✨

 

贅沢はそんなに〜って方は毎日食べるお米や野菜を買っても良し👌🏻✨

 

18600円のK崎牛が2000円で買うとなったら、差し引き16600円は間接的な節税になりますね🤩

 

楽天市場で上手に買い物して楽天ポイント大量ゲット

ふるさと納税はネットで簡単にできますが、おすすめなのはみんな大好き楽天市場ではないでしょうか😊

 

楽天カードや楽天モバイルなど多くの楽天サービスを利用すると、SPU(スーパーポイントアッププログラム)といって、楽天市場で商品を購入するときに得られるポイントの倍率が上がったり、

 

毎月定期的に行われるお買い物マラソンで、いろんな出品者から買い回ることでポイントの倍率が上がったり、

 

楽天市場を利用してふるさと納税の返礼品も上手に買い回ればたくさんのポイントが得られて自己負担額2000円も実施タダになります🤗

 

2000円分以上のポイントが入れば、2000円差し引いた残りのポイントが間接的な節税になりますね🤩

 

わたしも楽天市場を利用しています😘みなさまもいかがでしょうか😆✨

 

point
2000円の返礼品を上手に買うと間接的に節税になる

 

まとめ

今回はふるさと納税についてお話ししました😊

ふるさと納税は

2000円払えば税金を2度も払わなくてすむ制度

その2000円の返礼品を上手に買うと間接的に節税になる

 

いかがでしたか😊❓

 

税金そのもの自体に免除はないので、直接的な節税対策ではないですが、

 

日々の買い物に返礼品を織り混ぜることで、間接的な節税対策になりますね🤗

 

返礼品はいろいろ種類があるので、ぜひ探してみてください🥰

 

以上、ゆぅでした💕

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です