【初心者】わたしがemaxis slim 全世界株式(除く日本)1本を選ぶわけ【積立NISA】

attention
このブログはスマホのみの編集となっております。PCからは見づらい箇所があると思いますがご承知おきください💦

みなさまこんにちは🎀ゆぅでございます🤗

 

ブログ運営にするにあたり、今現在のわたしと投資運用状況を見直そうと思いまして😳

 

まずは積立NISAの保有銘柄を見てみました👀

 

\じゃーん/

 

…🤔❓

 

2019年6月から始めましたが正直なぜこの銘柄を選択したか覚えてません😭(多分年下くんが言っていた銘柄を選択しただけかと)

 

あらためて銘柄を見直そうと思いました❣️

 

初心者なりにいろいろ再考した結果…

 

銘柄1本で運用していく(予定)に🤩

 

その銘柄とは…

 

emaxis slim 全世界株式(除く日本)

 

今回はなぜこの銘柄を選んだかを記事にしていきますね😊

 

あくまで初心者目線です🔰

 

(現時点の利益がマイナスなのはコロナのせいです🦠怒)

 

1本で運用できる投資先を

全世界にバランスよく

銘柄によって投資地域が、全世界型・先進国型・米国型・新興国型に分かれています🌍

 

限定された地域の銘柄を複数買うと組み合わせや配分など自分で考えなければいけないですよね😨

 

初心者にはハードルが上がります💦

 

そのためどの地域にも網羅した全世界型が選ぶのがベスト❣️

 

株式のみで高リターンを期待

銘柄によって投資対象が、株式型・債券型・REIT型(不動産)・バランス型に分かれています💹

 

初心者なら株式・債券・REITの3つを取り入れたバランス型かな…😊

 

とは思いますが、わたしの場合は株式型のみをおすすめします❣️

 

株はハイリスクハイリターンと言われています😨

 

実際、現在のどの国の株価はコロナの影響で絶賛低迷中😇

 

しかし、コロナがおさまれば経済も復活し株価も上がるはず⤴️過去のリーマンショックでも低迷期から見事復活しました✨

 

新興国や発展途上国は人口増加が著しいし、経済も活発になるはず💪🏻

 

株が安い今のうちに買っておけば高リターン見込めるかも🤩

 

それに、株は普通に買って儲かったら税金かかるのですが、積立NISAなら20年間は税金かかりません😍

 

これは株式型にするしかない❣️

 

全世界+株式型で地球の経済はあなたのもの🤩笑

 

手数料が低いインデックス運用で

 

投資信託には、「インデックス運用」と「アクティブ運用」の2つの運用方法があります💹

 

インデックス運用は、日経平均株価やNYダウといった指数(インデックス)と同じ値動きになるよう運用する方法✨

 

一方アクティブ運用は、指数(インデックス)より良い成績になるように投資のプロがノウハウを駆使して運用する方法✨

 

手数料(信託報酬)が安いインデックス運用を選択しておくほうがいいと思います😉

 

全世界株式インデックスファンドを選ぶ

代表的な銘柄

 

代表的かつ人気のある銘柄は以下の4つとなります🌍

  • emaxis slim 全世界株式(オール・カントリー)
  • emaxis slim 全世界株式(除く日本)
  • SBI・全世界株式インデックス・ファンド
  • 楽天・全米株式インデックス・ファンド

 

どの銘柄も素晴らしく優劣はつけがたいです💦どのブログでも勧めている銘柄は違うので、これが一番❗️というものはないのですが、初心者目線で比べてみたいと思います😊

 

実質コストで比較(2020年5月1日時点)

 

積立NISAでは「信託報酬」という言葉をよく耳にします👂🏻

 

信託報酬とは言ってしまえば運用手数料のこと💰

 

手数料は安い方がいいですよね😊

 

では信託報酬を比較してみましょう⬇️

信託報酬(税抜)

・e s 全世界(オール)…0.104%
・e s 全世界(除日本)…0.104%
・SBI…0.100%
・楽天…0.193%

 

現時点ではSBI銘柄が一番低いです🤩

 

じゃあSBI銘柄にしよう❗️

 

ちょっと待ってください‼️

 

実は信託報酬以外にもコストがかかるんです😱

 

証券会社が株などを売買する時にかかる手数料や税金など…💸

 

では実質コストを見てみましょう👀

実質コスト(税抜)

・e s 全世界(オール)…0.17%
・e s 全世界(除日本)…0.167%
・SBI…0.180%
・楽天…0.262%

emaxis slimの方が低い😳❗️

 

SBIの方がemaxis slimより一手間かけた運用方法をしているのでどうしてもコストがかかってしまいます💸(詳細はうまく説明できません…すみません💦)

 

emaxis slimシリーズは「業界最低水準を目指し続ける」という方針のもと継続的に運用コストの見直しを設定している、とのこと😳

 

最近では2020年3月に先進国株式の信託報酬を税抜きベースで0.0965%→0.0930%に引き下げています😆

 

全世界株式も2019年11月に引き下げして今の数値ですが、SBIがまだ安い以上再び下げてくる可能性があると思います😆

 

ではSBI銘柄もまた下げてくるのか…🤔❓

 

ここで純資産を比較してみます⬇️

純資産

・e s 全世界(オール)…244.32億円
・e s 全世界(除日本)…166.32億円
・SBI…59.14億円
・楽天…349.29億円

 

手数料引き下げるには自分たちがお金をたくさん持ってないとできません💰

 

SBI銘柄は他の3つより新しい銘柄とは言え純資産は一番小さい🤔

 

引き下げるには限界があるかも❓

 

楽天銘柄もそのうち引き下げるかもしれませんが、今のところは見送りです👋🏻

 

そういうわけでemaxis slimがおすすめですね❣️

 

emaxis slim全世界株式で

「オールカントリー」と「除く日本」

 

emaxis slimの全世界型には「オール・カントリー」と「除く日本」の2種類があります🌍

 

2つの違いは日本株が入っているかいないか🤔

 

どっちがいいんだろう❓日本は入れる❓入れない❓

 

今後の日本経済に期待するか否か

 

ここまでくるとあとは個人の考え方次第です😥

 

将来のことは誰にもわかりません…😞

 

これはわたし個人の考えですが

 

日本は人口減少していて、労働人口も減少しています⤵️

 

従って経済も縮小すると思います😩

 

日本株にリターンは見込めないでしょう😢

 

また実施コストは低い方がいい…💰

 

そのためわたしだったら「除く日本」を選択します❣️

 

日本経済については人それぞれ考えがありますよね🤗みなさんはいかがでしょうか❓

 

まとめ

今回はわたしがなぜemaxis slim 全世界株式(除く日本)を選んだかを紹介しました😊

 

理由をまとめますと⬇️

point

・全世界にバランスよく
・株式のみで高リターンが期待でき
・インデックス運用で
・実質コストが低いこと

 

あくまで初心者目線です🔰

 

またemaxis slim 全世界株式(除く日本)は全地域株を均等に運用しているのではなく、

米国株>その他先進国株>>新興国株

と特に経済規模の大きい米国株に重点を置いています💰

 

そのため、現在わたしが保有している銘柄のように

全世界型
+
米国型や先進国型

の銘柄の組み合わせは、リターン的にそんなに違いはなく、あまり意味のない組み合わせだと思います🤔

 

投資をもっと勉強すれば自分のニーズに合った銘柄選択ができると思いますが、初心者は全世界型1本で十分😆

 

ぜひ参考にしてください🤗

 

以上、ゆぅでした💕

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です